もっとギアを知りたい。もっとゴルフを深く知りたい。
  • gxx22golfgxx22golf

週刊ゴルフダイジェスト11/22号「松山効果で〈グレートBB〉が中古市場が大騒ぎ」

s__29220868s__29220871
週刊ゴルフダイジェスト11/22号では、「マツヤマ効果」による中古市場の活況ぶり?を報じています。

ダンロップ〈スリクソン〉のアイコンプロである松山選手が、
マレーシアCIMBクラシック(2位)〜中国HSBCチャンピオンズ(優勝)と
【異例の2試合連続使用】とアジア人初のWGC制覇の好成績など、
相乗作用で使用ドライバーの人気に火がついたという内容。

中古市場の動きに関しては、ゴルフパートナー藤川氏が
売れ行き動向と在庫状況や実勢価格など、詳細に解説をしています。
s__29220867
 本誌が発売された火曜日、たまたま取材のため太平洋クラブ御殿場コースに。練習後の記者会見の場にも、メディアとして参加しました。

NHKのインタビューから始まり、試合やパター・ショットを中心とした調子についての質問が多く寄せられていました。
使用ドライバーについての質問はありませんでした。

 今週の試合に出場した理由を聞かれると、
ワールドカップを万全の体制で臨むためのスケジュールと調整を口にしていました。
ダンロップフェニックスに出場しない理由についても、出たい気持ちがあった事を話していました。
s__29220874
 この記事では「どこまで続くのだろうか」でまとめています。

 クラブとして注目することも面白いのですが、松山選手のクラブに対する考え方や興味あるものに対する柔軟性やスペック選びなど
「中身」や「経緯」にも注目していきたいと思います。

『ゴルフパートナー』店舗等で、

モデルやシャフトスペックの【打ち比べ】はゴルファーとして面白いと思います。

 余談になりますが。松山選手は石川選手と出場するワールドカップに
相当「勝つ気」で臨む意気込みを感じました。

gxx22golf by
 ゴルフコーチ・クラフトマン・フィッターとして、数々のゴルフメディアに登場。 数多くのツアー選手をスランプから復活・優勝させた伝説のコーチ・後藤修氏の一番弟子。スイング論はもとより、クラブ計測にも深く精通しプロアマ問わずのべ7万人以上のゴルファーにアドバイスを経験。自身でツアークラフトバスを所有する。  「PCM」「ALBA」「週刊パーゴルフ」「GOLF TODAY」などで執筆を行っているゴルフライターの猿場トール氏は従兄弟にあたる。
関連記事