もっとギアを知りたい。もっとゴルフを深く知りたい。
  • gxx22golfgxx22golf

ダンロップ「10代目の進化」をコースで体感〜XXIO X(ゼクシオテン)実践ラウンド試打


本日、
「PCM」編集部がダンロップさんのラウンド試打会にお邪魔しました。

紫カントリーあやめコースにて、18ホールの試打ラウンドです。

同組には、懇意にしているALBA.Netギア編集担当者が入り、
新作「XXIO X(ゼクシオテン)」のフルセットを詳細にラウンドテストするというもの。

ALBA.Netでは、ギアページにて様々な試打コンテンツをアップしています。
http://www.alba.co.jp/gear/

別の組には

有名ライター鶴原氏、

クラブアナリストのマーク金井氏
クラブコーディネーターの鹿又氏など
ゴルフ作家の篠原氏

錚々たるギア専門家の方たちが集合しました。

使用球も、

SRIXON「X」、SRIXON「Z STAR」「Z STAR XV」、XXIO「SUPER SOFT」

ダンロップの人気ボールを使用し、クラブとの相性やフィーリングなどをコースで体感しました。

グローブやティーもテストしました。

様々なゴルフメディアの試打レポート・ギア企画は、

今回のダンロップを筆頭に、
コンテンツを作るため・深く商品を知るために多大な協力のもとに成立しています。

「PCM」で行なわれている詳細な計測も、すべてはメーカー協力があってこそのものです。

「どんなゴルファーの合うのか?」はもちろん、

対象ターゲットのゴルファーが使用した場合、どんなショットが生まれるのか?

現場の試打を行うことで、計測データを「どこまで体感するのか?」編集部ではすり合わせを行うことができます。

ラウンドでいつも実感するのは、

クラブ、ボール、ティー、グローブに至るまで「全てギア」であり、
選び方や組み合わせなどで結果や体感が変わるということ。

ブランド誕生から20年を迎える
「XXIO X(ゼクシオテン)」は、

幅広いゴルファーに
ナイスショットの喜びを与えるための高い基本性能が更にブラッシュアップしていました。

ぜひ、ALBA.Netとのコラボレーション企画にも、ご期待くださいませ。

http://www.alba.co.jp/gear/

gxx22golf by
 ゴルフコーチ・クラフトマン・フィッターとして、数々のゴルフメディアに登場。 数多くのツアー選手をスランプから復活・優勝させた伝説のコーチ・後藤修氏の一番弟子。スイング論はもとより、クラブ計測にも深く精通しプロアマ問わずのべ7万人以上のゴルファーにアドバイスを経験。自身でツアークラフトバスを所有する。  「PCM」「ALBA」「週刊パーゴルフ」「GOLF TODAY」などで執筆を行っているゴルフライターの猿場トール氏は従兄弟にあたる。
関連記事