もっとギアを知りたい。もっとゴルフを深く知りたい。
  • gxx22golfgxx22golf

ヘッドスピード40m/sのゴルファーが結果を出すためのクラブは?⑴

M 今回は「ヘッドスピード40m/s」のゴルファーにとっての、やさしいクラブ・打ちやすいスペックなど【結果が出せる】クラブ論を語っていただきます。
T まず、一般アマチュアゴルファーの平均ヘッドスピードは40m/s前後と言われています。でも、現実的にボリュームの多いところ・購入意欲のあるところは38m/s前後くらいじゃないかと思います。
Y 確かにコースの「吹き流し」の旗は中々超える人がいないですからね。現実は。一般ゴルファーの平均ゴルファーの平均飛距離は220ヤードもないですから。
M ドライバーでういと、どんな条件のクラブが必要でしょう?
X そもそも、「ヘッドスピード40m/s」は【或るドライバーを打った時の数値】でしかないということを知らないゴルファーが多い気がしますね。
img_5994
T 当然、打つクラブによってはヘッドスピードが変わる。
Y だったら、ヘッドスピードが上がるクラブを選んであげないとダメですよね。
X まず現在使っているクラブの解析が第一になるでしょうね。
Y クラブスペックのほか、ヘッドスペック、シャフトスペック、なるべく詳細な計測データがカギになりますね。
T 現在、多くのフィッティングは、スイングとショットデータの解析がメイン。でも…。
Y 当然、「どんなクラブがいいのか」のクロージングが欲しいです。
img_5993
M 様々な企画を通して「ヘッドスピード40m/s」のゴルファーのドライバーショットを計測しましたが、とにかく打出し角が少ない。
T すなわち、「ボールが上がる」ことがクラブとして求められる重要な条件ということですね。
M いや、スピン量も重要。打出し角とスピン量のバランスなのは、当たり前なんだけども。
X 両者のバランスが、ヘッドスピードが低くなるほど難しくなる。
Y どうゆうことですか?
T まず、ロフト10.5レベルで全く打出し角を確保できないゴルファーが多いです。スピン量だけならスライスすれば数値だけは出ますが。
M 可変機能はなぜ使わない?
X 細かく様々なアングルが調整できることはレベルの高いゴルファーには恩恵がありますが、2度ではロフトの変化を感じないゴルファーも中には存在します。ライ角やフェースアングルも大きく変えて初めて体感できるゴルファーもいます。
Y 変わらないから使わない?微妙すぎて使わない?
M 両方でしょう。
T それより「ロフト15度」です!って言われた方が選びやすいかも。ただし、ソールに表記するのはメンツ的にはNGでしょうが。
X ロフトアップが失敗に終わった理由はそこでしょうね。最近のドライバーの計測データってどうです?
M それもメーカー毎で異なります。ただ、外ブラはヘッドのスペックにいろいろな「ロジック」を入れている傾向がある。
T 一概に「リアルロフト」だとか、ひとつだけの要素では語れないヘッドが多く存在します。
Y だから、PCM編集部のドライバーヘッド計測には「アドレスロフト」という計測項目が加わったんのでしょうね!
M 笑
T 女性やシニアゴルファーのニーズに「本当に応える」ヘッドスペック・クラブスペックを考えてほしいいです。

X では、次回「こんなクラブは面白い」というのを持ち寄りましょう。

gxx22golf by
 ゴルフコーチ・クラフトマン・フィッターとして、数々のゴルフメディアに登場。 数多くのツアー選手をスランプから復活・優勝させた伝説のコーチ・後藤修氏の一番弟子。スイング論はもとより、クラブ計測にも深く精通しプロアマ問わずのべ7万人以上のゴルファーにアドバイスを経験。自身でツアークラフトバスを所有する。  「PCM」「ALBA」「週刊パーゴルフ」「GOLF TODAY」などで執筆を行っているゴルフライターの猿場トール氏は従兄弟にあたる。
関連記事