ゴルフ用語辞典|ゴルフペディア

ゴルフペディアイメージ

正しいゴルフ用語の知識を身につけたり、ゴルフ用品用具の開発に必要となる
専門用語を調べたりするために、弊社の永年の英知を収録したものです。
ゴルフ用品業界で唯一のディクショナリーをお役立てください。

【バックスピン】/ backspin

バックスピン 後方回転。ゴルフクラブのフェース面は基本的に上向きになっているため、水平移動の状態でボールに当たっても、ボールには後方に回転させる力が加わる。この回転をバックスピンという。この回転とボール表面のディンプル(凹凸)により、ゴルフボールには揚力が働く。10度前後で低く打ち出してもすぐに墜落せず大きな飛距離が出るのはこのためである。バックスピンはロフト角が大きい、ヘッドの速度が速い、ヘッドの軌道が下向き、ヘッドの重心が深い場合に、それぞれスピン数が増大する。ヘッドスピードが遅い場合には打ち出し角度を高くするなどの方法で適した球筋にするのも可能だ。ただし近年は高めに打ち出し、バックスピン数を少な目にするほうが、飛距離が出やすいという実験結果が出ており、ドライバーなどではバックスピン量を抑える設計が増えている。