もっとギアを知りたい。もっとゴルフを深く知りたい。
  • gxx22golfgxx22golf

UT専用カーボンシャフト FST『KBS TOUR HYBRID』はどんなシャフトなのか? http://kbsgolfshafts.jp/


2008年の登場以来、世界中のプロ及びアスリートゴルファーの間で

あっという間に浸透した、『KBS』スチールシャフト。

先週日本男子ツアー選手権で優勝した、ショーン・ノリス選手はじめ

【編集部調べ】では、小林伸太郎、塚田宣好、などギアに繊細な日本人選手や
アジア各国、欧米と広い地域で多くの選手の使用が見られるのが『KBS』スチールシャフトの傾向です。

現在、トゥルーテンパー「ダイナミックゴールド」シリーズ、日本シャフト「モーダス3」シリーズ、
そして、『KBS』シリーズ

それぞれ好みや求める弾道によって選べる「スチールシャフト全盛時代」と言える恵まれた環境を作り上げました。

また、先日「シングルレングスアイアン」の発表で来日した
イーデルゴルフのディビッド、イーデル氏も、『KBS』シャフトのファンの一人。

彼の開発するアイアンや試打クラブには、必ず一度は『KBS』シャフトが装着されたクラブが入ります。

実は「PCM」編集部は

『KBS』シャフトに早くから注目していました。

今年の「PGAショー」では、編集長が渡米し

キム・ブレイリー氏から直接話を伺いました。

キム・ブレイリー氏の人柄を一言で表すと、開発者というより現場を誰よりも重視する「シャフトアーチスト」。

F・ミケルソン選手をはじめ、PGAツアーには彼のことを父のように慕う選手が数多く存在します。
そんな彼の「コンセプト」と「信念」から生まれるシャフトは、世界のトップアスリートを中心に確実に浸透しています。

『KBS』ブランド「TOUR HYBRID」カーボンシャフトは、

スチールシャフトの『KBS』ブランドイメージが強い日本ではインパクトがありました。

しかし、キム・ブイレイリー氏は昔からカーボンシャフトも十分研究し尽くしている「経験者」。

『KBS TOUR HYBRID』カーボンシャフトは、

狙った設計やコンセプトを形にするために「目的に合わせて選んだ素材」が今回はカーボン素材だった、
と考えた方が良いかもしれません。

それでは早速、シャフト計測をします。

ゴルフギャレーヂ製「シャフトアナライザー」を使用し計測します。

「PCM」NO.23では「UT特集」の中で142種のハイブリッド専用シャフトの一斉計測を行いました。

今回計測した、『KBS TOUR HYBRID』カーボンシャフトを【計測の見地】でまずは紹介します。

『KBS TOUR HYBRID』カーボンシャフト

モデル:85(S)シャフト
全長:42インチ
重量:85.3g
振動数(※先端重量230g):309cpm

まず、振動数ですが先端重量によって当然ですが数値も変わってきます。
「PCM統一条件計測」では同じ重量カテゴリーの中では平均的な振動数でした。

ゴルフギャレーヂ製シャフトアナライザーでのシャフト「しなり(曲げ)剛性計測」は、5cmごとにデータを取っています。

全体のしなりに体感しやすい、
⑴先端から450mmの「中間剛性」は同じ重量グループのシャフトの中ではやや高めの剛性値でした。
「あくまで測定の見地」ですが、『KBS』シャフトの低スピン性能はこの数値にあらわれるかもしれません。

⑵「先端部」に体感しやすいシャフト先端から250mm⑶クラブになった時に「手元部」にあたる先端から650mmでは、
非常に興味深い数値を計測しました。

ただし、それぞれの数値は「重さ」や「バランス」と複雑に絡み合って作用します。

やはり、試打を行い「数値」と「体感」の整合性と弾道データや実弾の確認が必要なのは言うまでもありません。

次回は、試打クラブとしてテストをします。

http://kbsgolfshafts.jp/

gxx22golf by
 ゴルフコーチ・クラフトマン・フィッターとして、数々のゴルフメディアに登場。 数多くのツアー選手をスランプから復活・優勝させた伝説のコーチ・後藤修氏の一番弟子。スイング論はもとより、クラブ計測にも深く精通しプロアマ問わずのべ7万人以上のゴルファーにアドバイスを経験。自身でツアークラフトバスを所有する。  「PCM」「ALBA」「週刊パーゴルフ」「GOLF TODAY」などで執筆を行っているゴルフライターの猿場トール氏は従兄弟にあたる。
関連記事