もっとギアを知りたい。もっとゴルフを深く知りたい。
  • gxx22golfgxx22golf

イーデルゴルフ「シングルレングスアイアン」ディビッド・イーデル、ニール・オスターが語る【オフショットインタビュー】


今回、発表されたイーデルゴルフ

「シングルレングスアイアン」
が注目される中

『PCM』編集部は、

一足先に「イーデルゴルフ」 ディビッド・イーデル、ニール・オスターの元へ向かい

リラックスした中で、ブランドやアイデア、コンセプトや商品への『想い』を語ってもらった。

二人とも、ゴルフの腕前は非常に高く

スイングの研究も大好き。

先日、このサイトで紹介した「M-swinger」なる練習器に目をつけスイングを開始した。
「この練習器は。クラブの【トルク】を非常に感じやすい。

『トルクバランスパター』はヘッドのバランスでこの動きをさせないパターだが、トレーニングで改善させるものがあるのは非常に面白いね!」
とディビッド・イーデル氏。

ニール・オスター氏も
「ちょっと腕が力みやすい人には分かりやすそうだね」と自ら体感コメント。

二人とも、とてもポジティブで明るい人柄だが、

一方で「求道者」とも言えるほど、ゴルフの話になると止まらなくなるタイプ。

「GOLF is life」が彼らのよく言う「言葉」。

一度フィッティングを始めてしまうと時間なんてお構いなし。

とにかく彼らにとって重要なことは『ゴルファーを幸せにすること』である。

「シングルレングスアイアン」に対する思いも、

我々日本のゴルファーが持つ「思い込み」とは、実は大きく異なる。

「【シングルレングスアイアン】でゴルフがシンプルになると、どうなると思う?」

と、ディビッド・イーデルは柔らかい表情で質問をこちらに投げかけた。

フィッティングを行う「イーデルゴルフ」のコンセプトは非常に明確。

一人一人異なる「タイプ」に合わせ、できるだけクラブとして応えること。

「【イーデルゴルフ】のクラブができることは、
ゴルファーに合うクラブをできるだけカスタマイズして提供してあげること。

すべてのゴルファーに一つのブランドや一つのクラブが合うわけではないことを、我々は知っている。

だから、我々も新しいアイデアと豊富なカスタマイズができるよう【成長する】ブランドでありたいと思っている。

【シングルレングスアイアン】が合うゴルファーに使ってもらえたら、格段にゴルフがシンプルになる。

一緒にラウンドしている【仲間】とおしゃべりしながらフェアウェイを歩くことがもっとできたら、
ゴルファーとしてもっとゴルフというゲームを楽しめるんじゃないかな?」

「我々はメーカーとして【ゴルフをシンプルにする】ことで、もっとゴルフというゲームを楽しんでほしいんだ。

クラブと格闘して、怒ったり地面を殴ったりするなんて悲しいだけ。仲間と時間を共有して、もっとゲームをしながらコースを眺めたり、話をしたり楽しんでほしいんだ。

明日は【第一ゴルフ】というゴルフショップへフィッティングに行って、日本のゴルファーの悩みを解決するために現場に足を運ぶつもり。

一人一人のゴルファーが笑顔になってくれることが我々の使命なんだ」

イーデルゴルフのカタログの表紙には『Made for you』と記されている。

カスタムメーカーとしてのコンセプトを持つ「イーデルゴルフ」のブランドには、

ディビッド・イーデル、ニール・オスター両氏の『想い』がそれぞれの商品の中に詰まっている。

gxx22golf by
 ゴルフコーチ・クラフトマン・フィッターとして、数々のゴルフメディアに登場。 数多くのツアー選手をスランプから復活・優勝させた伝説のコーチ・後藤修氏の一番弟子。スイング論はもとより、クラブ計測にも深く精通しプロアマ問わずのべ7万人以上のゴルファーにアドバイスを経験。自身でツアークラフトバスを所有する。  「PCM」「ALBA」「週刊パーゴルフ」「GOLF TODAY」などで執筆を行っているゴルフライターの猿場トール氏は従兄弟にあたる。
関連記事