もっとギアを知りたい。もっとゴルフを深く知りたい。
  • gxx22golfgxx22golf

人気ショップ、クラフトマン、メーカー、インストラクター、フィッターが語る【欲しいカスタム&ギア情報】〜次号『PCM』NO.26企画

次号『PCM』の企画に、

人気ショップ、クラフトマン、
メーカー、インストラクター、
フィッターの皆様から

多くの要望が上がってきました。

埼玉県・朝霞市「ゴルファーズ・ガレージ・サムライ」〜Amebaブログ人気トップブロガー枝松和健氏

「いつも『PCM』拝読させていただいております。

当店はカスタムショップなのでメーカー様とのコミュニケーションはもちろんのこと、毎号『PCM』の企画とデータをもとに
お客様へのご提案やフィッティングを通じて販売を行っております。

また、YouTubeやAmebaブログで当店を知っていただきお問い合わせやご来店を頂いております。

次号『PCM』では、前号ドライバー特集に引き続きドライバーシャフトのデータ紹介を企画して欲しいです。

『PCM』NO.18ドライバーシャフト特集以降のカスタムシャフトの【計測データ】や、新興カスタムシャフトメーカーの商品も知りたいです。

お客様にとって【カスタム】は大手メーカークラブと違って【知る機会】が圧倒的に少ないので、
最新モデルだけではなく評判の良いモデルも知りたがっています。

ぜひ、私も知らないモデルや商品を次号で紹介してください」

中古クラブ販売の最大手【ゴルフパートナー】クラフトマン峯明弘氏
「最近は店舗におけるクラブの売買においてもカスタムの件数が多くなっています。

また、お客様のカスタムクラブに対する関心も高まっているのが事実です。

お客様にとってブランドに対する考え方や商品に対する信用も変化してきているように感じています。

弊社【NEXGEN】シリーズを始め、
お客様は【自分に合っているか?】を今まで以上に重視して商品を選んで購入している傾向を感じますし

我々販売スタッフにも【お客様に喜んでいただくための】より深い商品知識が求められています。

『PCM』のカスタム情報、ギア情報、フィッティング企画など、現場に即した企画はお客様にとっても有益ですし
一般ゴルファーの間にもレアなカスタムメーカーに対する関心が高まっていると思います。

最近はシーズンインのせいか、
フェアウェイウッド、ユーティリティーのカスタムに対する問合せが多くなっています。

ゴルフパートナーの各店舗においても、クラフトサービスの充実への要望と注文が増えています。

次号『PCM』では、フェアウェイウッドとユーティリティーを特集して欲しいですね」

『ミライゴルフBus 』移動クラフトカーで全国のショップやゴルフ施設を回りゴルファーのサポートを行っている
若き『MIRAI GOLF』設計開発者・菅野崇氏

「ゴルファーの皆さんは、まだまだ『自分に合うスペック』に出会えていない方が多いと思います。うまくいかないのは【腕のせい】と言われて、ギアで解決出来ることに築いていない方がまだ多くいらっしゃいます。

私はメーカーの開発者である以前に、クラフトマン、フィッターとしてお客様と接しています。『MIRAI GOLF』のドライバーをはじめとして
『PCM』で取り上げていただいた商品の試打希望や問合せもありますが、

他のモデルを『PCM』知っていることでコンセプトの違いや特徴をアナウンスできます。
特にカスタムメーカーの場合は、どこのメーカーさんんも『とにかくゴルファーの皆さんに喜んで欲しい』と思っている方が多いですね。

次号『PCM』は、自分に合うスペックの見つけ方と、計測データの読み解き方を深堀りして欲しいですね」

山崎翼プロ
「僕たちは本当にクラブの知識が少ないです。『PCM』で一気に世界が変わりましたが
次号はシャフトの特集をお願いします」

アジアのショップからもおおくの要望が来ています。
「『PCM』は写真が大きく載っているので詳しい中身が読めなくても楽しいです。

新しいブランドや商品はいつも探しています」

ドラコン山田勉プロ
「我々プロだってギアでガラッと変わる。特に最近のカスタムはすごく魅力的だけど、自分で全部追っかけられないから『PCM』でやって。

試打会も、いつ・どこでやっているのかわからないし。試打ならいつでもしたい」

埼玉・川口グリーン練習場の人気インショップ「ヴェルデ」クラフトマン・大寺利志氏

「いつもお世話になっています。『PCM』はいつも拝見しています。当店で人気の【ツアーチャンプ】シリーズを始め、
カスタムクラブがお客様の中で評判になっているのは間違いありません。

お客様が知らない場合は、『PCM』に載っている記事を見せて納得してもらうこともあります。また、自分にあったつかまりや飛距離性能の良いブランドならすぐに気に入ってくれます。

最近はドライバーとフェアウェイウッドのやさしくてボールが上がりやすいモデルを探している方が多いですね」

台湾、中国、韓国、タイ等アジアでもカスタムブランドに対する関心と情報に対する欲求は高く『PCM』には常に問合せがあります。

「『PCM』に掲載されたモデルは必ずチェックします。また、多くのゴルファーはデータにも関心を持っています。
『PCM』に掲載されている日本ブランドのカスタムは台湾のゴルファーにも評判が良いです。

『PCMサイト』も常にチェックしていますよ!」

千葉市・おゆみ野【ステップアップスポーツ】フィッター・クラフトマン新堀貴昭氏
「古い・新しいじゃなく、『何が良いのか?』をゴルファーは探しています。

我々クラフトマンも、他のお店とは異なる提案を行うことで個性が出ると思います。

メーカーさんの人気モデル、最新モデルも欲しいですが、ロングセラーのモデルも情報アップして欲しいですね」

次号『PCM』では、カスタムパーツの紹介と企画を「ユーザー目線」で行います。

読者の皆様のニーズに合わせ、有益な情報を発信いたしますので編集部までお気軽にお問い合わせくださいませ。

info@universalgolf.co.jp

メーカー様、ショップ様のご要望もお待ちしております。

gxx22golf by
 ゴルフコーチ・クラフトマン・フィッターとして、数々のゴルフメディアに登場。 数多くのツアー選手をスランプから復活・優勝させた伝説のコーチ・後藤修氏の一番弟子。スイング論はもとより、クラブ計測にも深く精通しプロアマ問わずのべ7万人以上のゴルファーにアドバイスを経験。自身でツアークラフトバスを所有する。  「PCM」「ALBA」「週刊パーゴルフ」「GOLF TODAY」などで執筆を行っているゴルフライターの猿場トール氏は従兄弟にあたる。
関連記事