もっとギアを知りたい。もっとゴルフを深く知りたい。
  • gxx22golfgxx22golf

ジオテックゴルフが「Geo Labo(ジオラボ)」をオープン

s__28491787
(株)ジオテックゴルフが千葉市中央区の本社近くに「Geo Labo(ジオラボ)」をオープン。早速お邪魔して、コンセプトや展望の話を聞いてきました。
一戸建てのスタジオは、1階がジオテックゴルフのショールームとクラフトルームを備えたプロショップになっています。また、プロギア(PRGR)のヘッドやフットジョイ(Footjoy)のシューズなど、他メーカーの商品も扱っています。オープンしたばかりの真新しい玄関には、たくさんのお祝いが並んでいます。
s__28491788s__28491794s__28491789s__28491791
2階のフィッテイングルームは「Geo Labo(ジオラボ)」のメインルーム。
こちらではお試しフィッティングが3,000円。
s__28491795s__28491798
ここで目を引いたのは、年間フィッティング12,000円のサービス。

他にはあまりないサービス設置に、マネージャーを務める小出吉洋氏は
「月一回のフィッティングが継続して受けられるサービスを設定しました。ゴルファーはもちろん人間ですから、当然調子やコース使用での新たなニーズが生まれます。そこで定期的にクラブのマッチングや調子を診ることでお客様のプレーを向上させる狙いがあります」と理由を語ってくださいました。
s__28491797s__28491804
フィッティング打席にはプロギア製の弾道計測機が設置。
「プロギアのシビアなスイング解析は弊社のフィッティングノウハウに非常に近かったことです。また、実際にお客様にクラブ提案する上で弊社ヘッドデータを正確に入力するソフトの完成度の高さも大きな理由です。スイングを正しく解析する上で、使用したクラブのデータが詳細に入力できることが大きいですね」(小出氏)

ジオテックの製品データが詳細に入力されたスイング解析機でのフィッティングに加え、希望者にはレッスンも用意。近隣のゴルファーも気軽に通えるスタジオになっています。

お問合せ:Geo Labo(ジオラボ)TEL:043-386-1081
営業時間:平日/11:00〜19:00、土日/10:00〜19:00、定休日/木曜日

gxx22golf by
 ゴルフコーチ・クラフトマン・フィッターとして、数々のゴルフメディアに登場。 数多くのツアー選手をスランプから復活・優勝させた伝説のコーチ・後藤修氏の一番弟子。スイング論はもとより、クラブ計測にも深く精通しプロアマ問わずのべ7万人以上のゴルファーにアドバイスを経験。自身でツアークラフトバスを所有する。  「PCM」「ALBA」「週刊パーゴルフ」「GOLF TODAY」などで執筆を行っているゴルフライターの猿場トール氏は従兄弟にあたる。
関連記事